製品情報
製品情報

スーパーポア

「スーパーポア」は、骨再生能に優れた「アパセラム‐AX」の3重気孔構造を吸収性人工骨であるβ型リン酸三カルシウムに応用することで、優れた骨再生能を持ち、材料の吸収・骨組織置換のバランスを両立した人工骨です。

スーパーポアの特徴

1. 独自技術による均一な3重気孔構造
材料気孔内部への早期の骨組織再生・修復能を有します。
2. バランスの取れた材料の吸収と生体骨への置換
自家骨に置き換わる高純度β型リン酸三カルシウムの特性を最大限に生かしています。
3. 手術時の操作性の向上
200μm前後の均一なマクロ気孔構造を持っており、手術時の材料の崩れを抑えます。
気孔率75%で約5MPaの圧縮強度(社内データ)

主な仕様

一般名 β型リン酸三カルシウム
分子式 Ca3(PO4)2
外観・性状 白色多孔体

三重気孔構造

スーパーポアは「APACERAM-AX」(承認番号:21800BZZ10055000)で実証された骨再生に最適な三重気孔構造を持っています。

図版
表面構造電子顕微鏡写真
マクロ気孔:100~300μm, 連通孔:50~100μm, ミクロ気孔:0.5~10μm

早期骨形成・吸収骨置換

ビーグル犬 大腿骨欠損部での短期~長期埋植試験での評価※3

皮質骨側:
埋植4週で新生骨の形成及び材料の吸収が認められ、8週では成熟化が見られました。13週で更に進み、26週でほぼ吸収置換されました。
髄腔側:
埋植4週で新生骨の形成及び気孔拡大が見られ、8週では材料の吸収が進行しています。13週では骨髄組織が顕著になり、26週でほぼ吸収置換されました。

皮質及び髄腔内それぞれの部位において、解剖学的な形態を含めて再生していることがわかります。

図版

ビーグル犬大腿骨にスーパーポア(気孔率約75%、直径4mm×長さ12mmブロック)を埋植、4、8、13及び26週後に摘出し、トルイジンブルー染色標本を作製・観察。(埋植試験はISO10993に準拠し、GLP水準施設にて実施した)

製品ラインナップ

顆粒・ブロック・円柱をご用意してあります。
詳しくはカタログをご参照ください。(製品カタログページご参照)

製品ラインナップ

【医療機器承認番号】22200BZX00652000  スーパーポア

 

このページのトップに戻る